BLOG ブログ

遺産整理の概要と注意点について


誰かが亡くなったら相続という手続きが発生します。その相続時に必要な手続きがどの位あるかご存じでしょうか。いわゆる「遺産整理」と言われているものです。今回は、その遺産整理の大まかな内容と事前に知っておくと良いと思われることを記載します。

遺産整理の主な内容

遺産整理とは相続の対象となる財産を洗い出して、名義変更手続きをしたり、財産が多い場合には相続税の申告・納付手続きを行ったりすることです。一般的には次のような手続きがあります。

1、亡くなった人の戸籍謄本類の収集
2、相続人間の話し合い、遺産分割協議書の作成
3、不動産の名義変更
4、預貯金、上場株式、会員権、未上場株等の手続き
5、家具などの遺品整理
6、生命保険手続き
7、税金の申告
8、社会保険関係手続き

このようにやるべきことがけっこう多くあります。

遺産整理についてもう少しだけ詳しく

色々とやるべきことが多くあることはわかっていただけたと思いますが、実際にどのようなことをやるのかをもう少しだけ詳しくみていきます。

まず、1の戸籍謄本類の収集がなぜ必要になるかと言いますと、誰が相続人かを確定するには、亡くなった人が生まれたときからの戸籍謄本類を取得する必要があるからです。郵便で請求することできますし、委任状があれば相続人以外の人でも取得できますが、高齢の人が亡くなると、古い戸籍を集めるのが大変ということもあります。戸籍謄本類は「誰が相続人か」の証明となるため、すべての相続手続きで必要です。

続いて2の遺産分割協議書の作成についてです。相続人同士で遺産の分け方を話し合い、その結果を文書にするものです。遺言がない場合や遺言とは別の分け方にしたい場合に作成します。この文書を基に名義変更などの手続きを行いますので、とても重要な作業ですし、それゆえに揉める原因となる箇所でもあります。相続人が自ら作成をすることも可能ですが、利害関係のない第三者が間に入ると事がスムーズに進むケースが多いです。

その他、金融機関にある金融商品の引き出しや名義変更業務、さらに保険金の受け取り等、各機関のやり方に沿って進めていく必要があります。

専門家に遺産整理を手伝ってもらう際に気をつけたいこと

ここまで遺産整理の概要と一部の内容について詳細を見てきました。

当然初めてやるという方が多く、不慣れな作業になりますし、日常の生活もある中での作業になりますのでなかなかの負担になってきます。ましてや高齢の方の場合ですと、移動手段にも制約があったりする中での作業となりますので相当な負担になります。

そのため、金融機関や各士業がサービスとして「遺産整理業務」というものを用意していたりします。

では、仮に自分だけでは不安だと思った場合に、どのサービスを使ったら良いのかについて最後簡単にお伝えしていきます。

弊社は税理士事務所で、実際に遺産整理業務も多数手がけてきていますので、当然弊社にお任せくださいとなります。良いお手伝いができないのであればそのサービスを提供してはいけないとも思っておりますので。ただ、もちろん、それぞれの機関が提供するサービスの良い点、そうでない点が当然ありますので個別に確認していきます。

銀行も遺産整理業務を積極的に行っています。銀行であればそこに窓口を一本化でき、銀行が各専門家等と連携を取って遺産整理を進めてくれます。ただ一方で、各士業への外注コストが発生しますので全体としての費用が高めになってきます。

司法書士であれば、登記の専門家ですので、不動産が相続財産に含まれる場合は手続がスムーズになるケースが多いと思われます。また、遺産分割協議書の作成もできますので、そういう意味でのメリットもあります。ただ、相続税が発生するケースは二次相続等も加味し遺産分割をした方が良かったり、そもそも相続税が発生するか否かを正確に判定できないケースもあるかと思いますので、基礎控除ギリギリのケースは、税理士の目で見て本当に納税がないかを確認した方が良いと考えます。後からじつは納税が必要だったとなると、本来の納税額を超えて納税が必要になってしまうケースも出てしまいますので。そういうことから税理士と連携している司法書士も多いです。

まとめ

弊社では、相続税の申告の必要の有無を税の専門家という立場からきっちりと判断し、相続税の申告が必要な場合はいただいた情報を基にそのまま相続税申告ができ、情報のやり取りがスムーズゆえに漏れのない安心の相続税申告が可能となります。

仮に納税が無かった場合でも、そのまま遺産整理業務に移行が可能です。何百件と相続のお手伝いをしてきた実績を基に、また不慣れな手続きも行政や金融機関等に一緒に同行いたしますので安心かつスムーズに行うことが可能です。このサービスは特に高齢者の方から感謝の声をいただくことが多くなっています。

相続となると財産をどのように分割するかに興味が行くかと思いますが、遺産整理という作業についても少し事前に知っておくことで、相続が起こった後にこんなに大変だったなんて、ということが少しでも軽減されるのではと思って記載しました。何か少しでもお役に立てていれば幸いです。